Amazonタイムセールは毎日開催中!

【PR】システム移行は難易度が高い? 一番簡単な手順を解説【4DDiG Partition Manager】

「今までwindows10やwindows11のOSデータがHDDにあって、そのOSデータをそのままssdに移行したい」という悩みはありませんか?

その悩みを持っている方におすすめしたいのがos移行ソフトの4DDiG Partition Managerです。

今回は4DDiG Partition Managerを使って、実際にOS移行の手順を解説したいと思います。

本記事は株式会社Tenorshare様から商品を貸与いただき作成しています。

目次

システム移行とは

例えば、新しくパソコンを組んだとき、またOSを一からインストールするのは面倒ですよね。そんなときに役立つのが「システム移行」です。このシステム移行はいわば、osの引っ越しといえます。

システム移行をおこなえば、以前のPCに入ってたOSデータがそのまま別のPCでも使えます。つまり、新しいPCで一からまたOSをインストールする手間が省けることを意味します。

システム移行が必要とされるシーン

システム移行が必要とされるシーン

システム移行が必要とされるシーンは様々ですが、以下のような理由がよく当てはまります。

  • パソコンが古くて遅い
  • ハードウエアのサポート終了
  • OSのサポート終了
  • システムの老朽化
  • ストレージの容量不足

それぞれ1つずつ詳しく解説します。

パソコンが古くて遅い

古いパソコンのストレージは大抵HDDが使用されています。HDDは容量あたりの単価は安いですが、速度は非常に遅いです。SATA SSD、PCIe4.0、PCIe3.0接続のNVMe M.2 SSDに速度面ではまず太刀打ちできません。

もしosをssdに移行させれば、あらゆる作業が高速になり、サクサク感を感じることが可能になります。

ハードウエアのサポート終了

グラフィックボード、マザーボードなど、PCを構成する各ハードウェアには一定期間のサポートが定められています。サポートの期限が終了した場合、いわゆるサポート切れの状態になり、トラブル時のサポートが受けられない場合があります。

また、サポート切れのパーツは基本的に生産も止まってしまうため、修理対応が断られるケースも考えられます。

OSのサポート終了

Windows10のサポートは2025年10月14日で終了する予定です。つまり、最低でもその期限までには、Windows 11へ移行する必要があります。

現在、Windows10からWindows 11へのアップデートは無料でおこなわれています。

ただ、Windows 11へのアップデートの条件はかなり厳しく、以下のシステム最小要件を満たす必要があります。古いPCではまずwindows 11へのアップデートは不可能と思っていいです。

そのため、Windows 11へのアップデートするためには、CPUなどのPC構成を一新する必要があります。

windows 11のシステム最小要件
プロセッサ互換性のある 64 ビット プロセッサ またはシステムオンチップ (SoC) 上に 2 つ以上のコアを持ち、1 ギガヘルツ (GHz) 以上の速度のもの。
メモリ4 GB RAM。
ストレージ64 GB 以上の記憶装置。
システムファームウェアUEFI、セキュア ブート対応。
TPMTPM(トラステッド プラットフォーム モジュール)  2.0
グラフィックカードDirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
ディスプレイの解像度9 インチ以上で 8 ビット/カラーチャンネルの高精細 (720p) ディスプレイ
 インターネット接続Windows 11 Home のセットアップには、Microsoft アカウントとインターネット接続が必要です。

システムの老朽化

PCを長期間使用すると、自分の意図しないところで、無駄なファイルやデータが貯まっていきます。その結果、パソコンの動作が遅くなっていきます。

ストレージの容量不足

OSデータは意外と容量を食います。そのため、Cドライブのストレージの容量がもともと少ない場合、あっという間に容量不足に陥ります。

システム移行の手順、一番おすすめのソフト

システム移行ツール(os移行ソフト)は様々ありますが、今回は「4DDiG Partition Manager」を使用します。

4DDiG Partition Managerとは

「4DDiG Partition Manager」は、香港に設立されたITソリューション企業の株式会社Tenorshareから提供されているシステム移行ツールです。

4DDiG Partition Managerの機能・特徴

OSを安全に移行

システムを再インストールすることなく、すべてのファイルや環境設定を維持したまま、安全にデータを移行できます。

データのバックアップ

システム移行で一番怖いのがデータの破損です。ストレージの故障リスクの対策として、データのバックアップを作成することができます。プログラム、ファイル、環境設定などがすべて保存されるので、万が一、データが損失しても安心です。

使いやすさ

操作方法が極めて分かりやすく設定されているので、たとえPC初心者でも容易に扱えます。

高速・効率のよさ

従来比2倍の高速化を実現しているので、効率性が高いです。

4DDiG Partition Managerの使い方

STEP
4DDiG Partition Managerをインストールし、アプリを起動させます。
4DDiG Partition Managerをインストールし、アプリを起動させます。

4DDiG Partition Managerをインストールし、アプリを起動させます。

STEP
開始をクリックします。
開始をクリックします。

アプリを起動させると最初に表示される画面です。問題がなければ、「開始」をクリックします。

STEP
ディスクを選ぶ。
ディスクを選ぶ。

コピー元となる「ソースディスク」を選びます。次に、移行先の「ターゲットディスク」を選びます。「開始」をクリックすると、上記のような警告メッセージがでてきます。ターゲットディスクの中に大事なデータがあるのなら、前もってバックアップをとります。準備が完了したら「はい」をクリックします。

もう一度、「開始」をクリック

最後にもう一度確認の画面が出るので、もう一度、「開始」をクリックします。

STEP
システムの移行が開始
システムの移行が開始

システム移行中の画面が表示されます。進行状況、移行速度、経過時間、残り時間などの進捗情報をリアルタイムで見ることができます。

STEP
システムの移行が完了
システムの移行が完了

「システム移行成功!」と画面に表示されると、無事システムデータの移行が完了したことになります。「完了」をクリックし、アプリを終了させます。

動作条件と対応デバイス・ストレージ

動作条件

オペレーティングシステムWindows 11/10/8.1/8/7
ファイル システムNTFS、exFAT、FAT16/FAT32
サポートされている言語英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、日本語、韓国語、アラビア語、オランダ語、チェシュティナ、繁体字中国語、簡体字中国語

対応デバイス・ストレージ

対応デバイスデスクトップパソコン / ラップトップパソコン
対応ストレージSDカード / USBメモリ / HDD / SSD

まとめ

OSの移行手段は様々ありますが、個人的に今回使用した、4DDiG Partition Managerはトップクラスに使いやすかったです。

なによりもシンプル操作というのが気に入りました。パソコン初心者でも問題なく扱えると思います。

OSの移行を考えているのなら、4DDiG Partition Managerを使ってみてはいかがでしょうか?

目次