Amazonスマイル事前セール開催中!

文字起こしAIボイスレコーダー「AutoMemo R」をレビュー!使い方も解説

AutoMemo R

相手の声を録音できるボイスレコーダーは会議やセミナーで昔から重宝されています。ただ、唯一の欠点が文字起こしの面倒さです。

ボイスレコーダーで録音した音声を聞きながら、それ文字に起こしていくのは苦痛以外のなにものでもないです。

その文字起こしの面倒さを一気に解説してくれるのが今回レビューする「AutoMemo R」です。

本記事はソースネクストより商品を提供していただき、記事を作成しています。

目次

AutoMemo Rの仕様

スクロールできます
本体サイズ高さ104mm / 幅46mm / 厚さ15mm
メモリ(ROM)4GB
ディスプレイ240×320px
電池種類リチウムイオン電池
容量1400mAh
定格電圧3.8V
ワット時定格量5.32Wh
動作保証温度0℃~40℃(結露なきこと)
保存温度-20℃~45℃(結露なきこと)
外部接続Wi-FiIEEE802.11b/g/n
2.4Ghz(1~14ch)
5Ghz (利用不可)
外部デバイス充電端子:USB Type C
入力端子:3.5mm/3極マイクジャック
出力端子:3.5mm/4極イヤホンジャック(マイク利用不可)
付属品USB Type-C ケーブル入力電圧:5V入力電流2Aまで
ACアダプタ入力電圧:AC100-240V(50-60Hz)
出力電圧:5V電流(1Aまで)
その他録音ファイルフォーマットOPUS(AutoMemo Home経由でmp3として取り出し可能)
サンプリング周波数16000Hz
量子化ビット数16bit
最大保存可能時間65時間

他製品との比較表

スクロールできます
ソースネクスト
AutoMemo R
ソースネクスト
AutoMemo S
iFLYTEK
VOITER SR502J
iFLYTEK
SR302PRO
iFLYTEK
VOITER mini A1J
価格13,860円(税込)19,800円(税込)59,900円(税込)39,600円(税込)9,900円(税込)
機能録音
再生
文字起こし結果の確認
文字起こし結果の検索
録音データの分割
データの保存先オートメモクラウドオートメモクラウドクラウド内蔵メモリ内蔵メモリ
共有クラウドストレージ
メール送信
クラウドストレージ
メール送信
文字起こし結果の確認対応言語72言語72言語日本語・英語日本語、英語、中国語、韓国語、ロシア語日本語、英語
電源充電充電充電リチウム電池
充電(PC接続)
充電
外部接続wi-fi、Bluetoothwi-fi、Bluetooth4G、wi-fi、BluetoothオフラインBluetooth
データ容量内蔵(ROM)16GB
クラウド無制限
内蔵(ROM)4GB
クラウド無制限
内蔵16GB
クラウド10GB
内蔵32GB内蔵32GB

競合製品との比較です。競合となるのが、iFLYTEKの製品です。主な違いは文字起こし結果の確認対応言語です。ソースネクストでは72言語と対応言語は圧倒的です。

「iFLYTEK VOITER mini A1J」は再生不可能なので、ボイスレコーダーとしての機能がありません。「AutoMemo R」は再生できるボイスレコーダーの機能があって、それでいて文字起こしができるのでお得感があります。

また、AutoMemoには「AutoMemo R」と「AutoMemo S」の2種類があります。「AutoMemo S」はハイエンドという位置づけで本体だけで文字起こし結果の確認ができたりと多機能です。さらに、タッチディスプレイ搭載なので操作性も上です。

AutoMemoは厳密にいうとスマホアプリ版が存在するので3種類存在します。スマホアプリ版は専用機に比べると集音性能が劣ります。

文字起こし料金プラン

スクロールできます
お試しプラン月額プラン
自動更新
年額プラン
自動更新
100時間チャージ
料金無料1,480円/月
初月無料
12,800円/年
月額プランより4,960円お得
14,000円
文字起こし時間1時間/月30時間/月
翌月への繰越しは不可
30時間/月
翌月への繰越しは不可
100時間
1年有効(期限内であれば翌月へ繰り越しは可能)
お支払い方法オートメモAppでのお支払い:App Store、Google Play
オートメモ Home/Sでのお支払い:クレジットカード
※100時間チャージのみ、請求書払いが可能

月1時間の文字起こし時間であれば、料金は無料となります。課金をすると月30時間へ増やすことが可能です。また、100時間チャージの買い切りタイプもあります。

AutoMemo Rの外観

「AutoMemo R」のパッケージ

AutoMemo R」のパッケージです。

「AutoMemo R」の付属品一覧

付属品は下記のようになっています。

  • 本体×1
  • ACアダプタ×1
  • 充電ケーブル×1
  • スタートガイド×1
  • 取扱説明書×1
  • 製品登録カード×1
「AutoMemo R」の外観

本体は上部にディスプレイ、下部に操作パネルが配置されています。白と黒のコントラストが印象的です。

「AutoMemo R」のサイズ

高さは104mm、幅は46mmです。

「AutoMemo R」の厚み

厚みは15mmです。傾斜がついているので、その分厚みが若干増しています。

「AutoMemo R」のディスプレイ

ディスプレイは240×320pxの解像度となっています。残念ながらタッチディスプレイは非対応です。

「AutoMemo R」のマイクとスピーカー

マイクとスピーカーです。集音する際はマイク部分をふさがないように注意が必要です。

「AutoMemo R」のイヤホン端子、USB端子、マイク端子

端子類がまとめられています。充電する際はこのUSB端子を使用します。

「AutoMemo R」の操作パネル

基本的な操作はディスプレイの下に配置されている操作パネルから行います。

「AutoMemo R」の電源ボタン、録音スイッチ

電源ボタンや録音スイッチはすぐに操作しやすいようにサイドに配置されています。

「AutoMemo R」の重量

重さは実測で68gです。非常に軽いです。

AutoMemo Rの使い方

録音方法

「AutoMemo R」の録音

AutoMemo R」の録音スイッチをスライドさせると録音が開始されます。録音中は中央のLEDが赤く光ります。なお、電源が入っていない状態でも録音スイッチをスライドさせると自動的に電源が入り、録音が開始されます。

録音スライドを元に戻すとLEDが消灯し、録音が停止になります。

「AutoMemo R」の録音データ

録音されたデータは一覧画面に表示されます。またWi-Fiに接続していると、録音データはオートメモクラウドに保存されます。

再生方法

「AutoMemo R」の再生

「AutoMemo R」にはボイスレコーダーとしても機能もあるので、本体から音声を再生できます。

「AutoMemo R」の再生中

録音データを選んで決定ボタンを押すと再生されます。音量や再生速度も変更可能です。

「AutoMemo R」にイヤホンを接続

イヤホン端子にイヤホン等を接続して、音声を聞くこともできます。

文字起こし方法

Automemo home

文字起こしをするには「Automemo home」というWEBアプリが必要です。ダウンロードではなく、WEBブラウザで起動するタイプとなります。文字起こしのほかに以下のような機能があります。

  • 自動話者分離
  • テキスト/話者編集
  • 共有機能
  • その他今までのAutoMemoにある機能
  • 要約機能(今後実装予定)
Wi-Fiに接続すると自動的に音声ファイルはクラウドで送信

Wi-Fiに接続すると自動的に音声ファイルはクラウドで送信され、文字起こしされます。

文字起こしの結果

文字起こしの結果です。誤字脱字があった場合、編集で修正することが可能です。また、音声データやテキストデータのダウンロードも可能です。

プラン変更も可能

テキスト化できる残り時間の確認やプラン変更も可能です。

まとめ

ボイスレコーダーで録音データを再生して、それを自分で文字起こしするのは本当面倒でした。

「AutoMemo R」を使うと、その面倒さが軽減されるので、会議やセミナーに出席する頻度が高い方は導入を検討してみてはいかがでしょうか?

目次