Amazonスマイル事前セール開催中!

HAGOOGI 充電式カイロをレビュー!分離式で他人にシェア可能な充電式カイロ+モバイルバッテリー

HAGOOGI 充電式カイロ

肌寒い冬の季節に大活躍するのがカイロです。昨今は使い捨てではない充電式カイロの需要も高まっています。

今回は、他人にシェア可能な分離式という珍しい特徴を有し、さらに充電式カイロ、モバイルバッテリーの1台2役の「HAGOOGI 充電式カイロ」をレビューしたいと思います。

本記事はメーカー様より商品を提供していただき、記事を作成しています。

目次

HAGOOGI 充電式カイロの仕様

製品名充電式カイロ
製品サイズ約幅29×奥行58.3×長さ112.3mm(合体状態)
本体重量119g(1個)、238g(2個)
カラー2023 COLOR(ミント、シャンペン、ホワイト、CUTE)
2022 COLOR(グリーン、ブラック、ホワイト、CUTE、LOVE)
温度強:約50℃~55℃
中:約45℃~50℃
弱:約40℃~45℃
内蔵電池10000mAh(5000mAh×2)
フル充電時間2~3時間
連続使用時間強:7~14時間
中:5~7時間
弱:4~6時間
定格入力USB-C DC5V/2A
定格出力USB-A DC5V/2A

HAGOOGI 充電式カイロの同梱物

HAGOOGI 充電式カイロのパッケージ

HAGOOGI 充電式カイロ」のパッケージです。

HAGOOGI 充電式カイロの同梱物

HAGOOGI 充電式カイロの同梱物は以下の通りです。

  • 本体×2
  • USBケーブル(Type-C to Type-A)×2
  • 収納袋
  • 取扱い説明書

HAGOOGI 充電式カイロの外観

2つに分離でき、他人にシェア可能

今回レビューするのは、カラーがブラックなものになります。この「HAGOOGI 充電式カイロ」は、2つで1組という変わった特徴を持っています。画像のように2つに分離でき、他人にシェアできます。

マグネット

合体したいときは、お互いのマグネットにくっつけるだけです。

マグネットで強固にくっつく

マグネットで強固にくっつくので、すぐに外れることはないです。合体状態で使用してもそこまで違和感を感じません。

ボタン、インターフェース

本体側面には下記のようなボタン、インターフェースがあります。

  1. 操作ボタン
  2. USB-A端子
  3. USB-C端子
  4. 表示ランプ
分離状態でのサイズは、約幅29×奥行29×長さ112.3mm

分離状態でのサイズは、約幅29×奥行29×長さ112.3mmです。

分離状態
分離状態
合体状態
合体状態

手で容易に握ることができるサイズ感です。ポケットに入れても邪魔になりにくいです。本体は円筒形のデザインをしているので持ちやすいです。

分離状態の重量
分離状態
合体状態の重量
合体状態

分離状態(1つ)の重量は実測で120g、合体状態(2つ)では240gでした。

HAGOOGI 充電式カイロの使い方

充電のやり方

付属のUSBケーブルを、本体のUSB-C端子に接続

HAGOOGI 充電式カイロ」付属のUSBケーブルを、本体のUSB-C端子に接続します。

付属のUSBケーブルのUSB-A端子を、電源供給できるUSB端子に接続

付属のUSBケーブルのUSB-A端子を、電源供給できるUSB端子に接続します。フル充電まで約2~3時間かかります。

カイロとして使う

操作ボタンを3秒長押しすると、表示ランプが赤く点灯し、温めを開始

操作ボタンを3秒長押しすると、表示ランプが赤く点灯し、温めを開始します。温めを開始すると、すぐに本体は熱を帯びます。

赤点灯1つ(低温)
赤点灯1つ(低温)
赤点灯2つ(中温)
赤点灯2つ(中温)
赤点灯3つ(高温)
赤点灯3つ(高温)

操作ボタンを短く押すごとに下記の通り、温度が変化します。

表示ランプ温度
赤点灯3つ高温(50~55℃)
赤点灯2つ中温(45~50℃)
赤点灯1つ低温(40~45℃)
低温の温度分布
低温
中温の温度分布
中温
高温の温度分布
高温

サーマルカメラで各モードの温度分布を確認します。最も温度の高いホットスポットの温度は低温では48℃、中温では50℃、高温では53℃でした。

左右両端は温度が低いままなので、もし熱すぎると感じたら両端を持って対応すれば安心です。

操作ボタンを長押しすると、運転を停止

操作ボタンを長押しすると、運転を停止することができます。表示ランプがすべて消えたら、運転停止状態になります。

過充電、過発熱、ショート、過電圧を防止する「マルチ保護」を搭載しているので安心して使うことができます。

モバイルバッテリーとして使う

本体と充電したいモバイル機器を、付属のUSBのケーブルを使って接続すると、自動的にモバイル機器への充電が始まる

本体と充電したいモバイル機器を、付属のUSBのケーブルを使って接続すると、自動的にモバイル機器への充電が始まります。

10000mAh(5000mAh×2)という大容量のモバイルバッテリーが搭載されています。スマホであれば約2回分、携帯型ゲーム機であれば約2回分、ワイヤレスイヤホンであれば約6回分充電が可能です。

またモバイル機器を2台同時に充電することも可能です。

バッテリー残量を調べる

表示ランプがすべて消えている状態から、操作ボタンを短く押すと、バッテリー残量を確認

表示ランプがすべて消えている状態から、操作ボタンを短く押すと、バッテリー残量を確認できます。バッテリー残量は下記のように青色の表示ランプから確認できます。

表示ランプ温度
青点灯3つ残量67%~100%
青点灯2つ残量34%~66%
青点灯1つ残量0%~33%
全消灯残量0%

HAGOOGI 充電式カイロのメリット・デメリット

メリットデメリット
2~3時間という短時間で満充電になる
モバイルバッテリーとして使える
2つに分離できるので、他人にシェアできる
3秒で発熱する
円筒形のデザインなので持ちやすい
分離状態(1つ)の重量は実測で120gなので比較的軽量
マルチ保護機能搭載しているので安全性が高い
本体の両端はカイロ状態でも熱を帯びないので万が一でも安心
バッテリー残量の確認が可能
カイロの温度を変更可能
温度MAXだとかなり温かい
合体状態だと重さを感じる
合体状態だと少しかさばる

まとめ

「HAGOOGI 充電式カイロ」は分離式採用という、充電式カイロとしては珍しい特徴を有しています。合体状態だとさすがに重さを感じ、かさばりますが、分離状態で持ち出せば、そのデメリットは解消できます。

もちろん、他人にシェアする予定があれば、あえて合体状態にして持ち出してもいいです。

分離状態、合体状態と多種多様な使い方が可能で、さらにモバイルバッテリー機能搭載と、HAGOOGI 充電式カイロの汎用性は非常に高いです。

充電式カイロを検討しているのであれば、この「HAGOOGI 充電式カイロ」はおすすめできます。

目次