Amazonスマイル事前セール開催中!

SINCA全天球ドライブレコーダーをレビュー!フロント+車内カメラで720°カバー可能なドライブレコーダー

SINCA全天球ドライブレコーダー

車での事故やトラブルに遭遇した際、役立つのがドライブレコーダーです。

ただ、初めからドライブレコーダーがついていない車では、後付けタイプのドライブレコーダーを購入して自分で取り付ける必要があります。

今回は取り付けが簡単で、フロント+車内カメラで720°カバー可能な「SINCA全天球ドライブレコーダー」をレビューしたいと思います。

本記事はメーカー様より商品を提供していただき、記事を作成しています。

目次

SINCA全天球ドライブレコーダーの仕様

本体

型番X-720G
商品名全天球ドライブレコーダー
ディスプレー3.0インチタッチパネルIPS液晶(静電式 854×480)
レンズフロント・車内:SONY IMX335(STARVIS) 1/2.8型 CMOSセンサー
カメラ画角水平360° × 垂直360°(2つのカメラ映像を合成)
フレームレートフロント・車内:24fps
録画ファイル単位1分
動画解像度3840×1920(全天球:<1920 × 1920>×2)
静止画解像度1920×1920
音声録音オン / オフ設定可能
Gセンサー(衝撃検知)オフ / 高 / 中 / 低
動画ファイルTS
静止画ファイルJPEG
画像補正技術WDR
GPS搭載(内蔵)
専用PCビューワー付属のmicro SDカードに保存 ※windows 10対応
仕様電源電圧DC12V / 24V
内蔵電圧スーパーキャパシタ
本体寸法(mm)約171×131.5×83.5mm(突起物除く)
本体重量約158.7g
動作温度-10℃-+60℃
保存温度-20℃-+70℃
付属品本体
シガーアダプター
micro SDカード 32GB(本体挿入済)
取扱い説明書
保証書
保証期間1年間
参考価格29,820円(2023年8月現在)

リアカメラ

レンズフロント・車内:SONY IMX307(STARVIS) 1/2.8型 CMOSセンサー
カメラ画角水平:115° 垂直:61° 体格:136°
フレームレート25fps
動画解像度FHD(1920×1080)
静止画解像度FHD(1920×1080)
動画ファイルTS
静止画ファイルJPEG
画像補正技術HDR
防水機構IP67
本体寸法(mm)約79.8×32.5×31.6mm(突起物除く)
本体重量約51g
動作温度-10℃-+60℃
保存温度-20℃-+70℃
付属品リアカメラ延長ケーブル(約9m)
参考価格6,999円(2023年8月現在)

\ 30%OFFで購入可能! /

SINCA全天球ドライブレコーダーの同梱物

SINCA全天球ドライブレコーダーの同梱物

SINCA全天球ドライブレコーダー」のパッケージです。今回は別売りのリアカメラも提供していただいたので、これも併せて紹介します。

同梱物一覧

同梱物一覧です。

付属品は以下の通りです。

  • 本体
  • シガーアダプター
  • 取扱い説明書
  • 保証書
  • microSDカード 32GB(本体挿入済)
  • リアカメラ(別売り)

SINCA全天球ドライブレコーダーの外観

車内カメラ側
車内カメラ側
フロントカメラ側
フロントカメラ側

カメラは車内カメラとフロントカメラの2つあります。

ディスプレイは3.0インチタッチパネルIPS液晶

ディスプレイは3.0インチタッチパネルIPS液晶です。解像度は854×480です。

SONY IMX335(STARVIS) 1/2.8型 CMOSセンサーを搭載

フロント・車内カメラのレンズはいずれも、SONY IMX335(STARVIS) 1/2.8型 CMOSセンサーを搭載。

GPSアンテナ

上部にはGPSアンテナがあります。

GPUアンテナ部分を上方向に
GPUアンテナを下方向に

このGPUアンテナ部分は角度をつけることが可能です。

両面テープ

GPSアンテナ部分には両面テープが貼られています。これは車のフロントガラスに貼るためのものです。

電源ボタンとmicroSDカードスロット

右側面には電源ボタンとmicroSDカードスロットがあります。

micro SDカード(32GB)は挿入済み

micro SDカード(32GB)は挿入済みです。

電源ケーブル接続端子とリアカメラ接続端子

GPSアンテナの上部側面には電源ケーブル接続端子とリアカメラ接続端子があります。

マイクとリセットボタン

下部側面にマイクとリセットボタンがあります。

SINCA全天球ドライブレコーダーの取付方法

GPSアンテナ部分の両面テープをはがす

SINCA全天球ドライブレコーダー」の取付方法を解説します。まず、本体のGPSアンテナ部分の両面テープをはがします。

シガーソケットにシガーアダプターをセット

車のシガーソケットにシガーアダプターをセットします。

配線

配線をします。今回はリアカメラも設置するので、それ用の配線もします。

本体をフロントガラスに貼り付け

本体をフロントガラスに貼り付けます。本来であれば、ルームミラーの裏側に設置するのですが、自分の車は真ん中にセンサーが配置されているので左側に少しずらして設置しています。

リアカメラも両面テープをはがして貼り付け

リアカメラも両面テープをはがして貼り付けます。リアカメラはIP67防水仕様なので、雨曇天でも安心です。

SINCA全天球ドライブレコーダーの使い方

SINCA全天球ドライブレコーダーの使い方

SINCA全天球ドライブレコーダー」の使い方はいたって簡単です。車のエンジンをかければ、自動的に録画が開始されます。

画面表示モードは以下の4種類が存在します。

  • オリジナル表示モード(フロントと車内の左右2画面)
  • 2画面分割表示モード(フロントと車内の上下2画面)
  • VR表示モード(視点移動はパソコンの専用アプリが必要)
  • リアカメラ表示モード
左方向にドラッグすることで、リアカメラに切り替え

液晶画面を左方向にドラッグすることで、リアカメラに切り替えることができます。

Gセンサーが衝撃を感知した場合、緊急録画が開始

通常、1分間のループで録画され、そのたびに動画ファイルが作成されます。micro SDカードの容量が限界に達した場合、古い動画ファイルは自動的に上書きされ、録画が継続します。

ただし、Gセンサーが衝撃を感知した場合、緊急録画が開始され、その部分の動画は削除されずに保護されます。

静止画の撮影も可能

また動画だけでなく、静止画の撮影も可能です。

動画や静止画は本体ですぐに確認可能

動画や静止画は本体ですぐに確認できます。

記録されたデータはフォルダで分類される

記録されたデータはパソコン上でも閲覧可能です。緊急録画で記録された「event」、常時録画で記録された「normal」、静止画で撮影された「photo」の3つのフォルダで分類されるので、ファイルの所在地が分かりやすいです。

専用アプリで映像を確認

専用アプリでは映像だけでなく、左下にgoogleマップも表示されます。撮影当日、日光がかなり照っていたのですが、白とびや黒つぶれが起きてなく、逆光にも強い印象をうけました。明度差のある場面でもくっきりとした映像を記録できます。

VR機能もあるので、マウスで好きな位置に視点移動が可能

VR機能もあるので、マウスで好きな位置に視点移動が可能です。もちろん、拡大、縮小も可能です。フロント+車内は720°、リアは136°を見渡すことができるので、死角がほとんどありません。

フレームレートが24fpsなので、LED信号の色もしっかり録画されています。

フロントカメラ
リアカメラ

フロントカメラとリアカメラで実際の走行シーンを録画しました。きれいに撮影できていると思います。

まとめ

「SINCA全天球ドライブレコーダー」は、価格も比較的安価で、取り付けもしやすいドライブレコーダーです。

フロントカメラ、車内カメラ、さらに別売りのリアカメラで死角をほとんどなくすことが可能です。

さらに専用アプリでパソコン上でも映像閲覧が可能と、機能性は十分高いです。映像の品質もドライブレコーダーということを考えれば、十分高画質です。

価格も比較的安価なので、初めて後付けタイプのドライブレコーダーを考えているのなら、このSINCA全天球ドライブレコーダーはおすすめできます。

\ 30%OFFで購入可能! /

目次