Amazonタイムセールは毎日開催中!

ERGO M575をレビュー!トラックボールマウス初心者はまずはこれから

ERGO M575

トラックボールマウスの名機、M570が10年ぶりに刷新され、M575として生まれ変わりました。自分はM570はもっていませんでしたが、存在自体は昔から知っていました。

この「ERGO M575」はM570の後継モデルということなので興味がわき、購入したのでレビューしたいと思います。

前モデルM570は数あるトラックボールマウスの中でも、定番中の定番と言われるモデルでした。「ERGO M575」はその後継モデルということなので、期待が持てます。

目次

ERGO M575の仕様

カラーオフホワイト、グラファイト、ブラック
本体サイズ幅100mm×奥行48mm×高さ134mm
重量145g
センサー公称値:400dpi
最大値:最大2000
ボタン5個(左/右クリック、戻る/進む、ミドルクリック付きスクロールホイール)
バッテリータイプ単三形乾電池x1(同梱)
電池持ちUSBレシーバー使用時:最長24ヵ月
Bluetooth使用時:最長20ヵ月
接続タイプ・2.4 GHz USBレシーバー
・Bluetooth low energyテクノロジー
ワイヤレス通信可能範囲10 m
システム要件Bluetooth・Bluetooth low energyテクノロジー(必須)
・Windows 8, 10 以降
・macOS 10.13 以降
・iPadOS 13.4 以降
USBレシーバー・Windows 7,8,10 以降
・macOS 10.13 以降
保証期間2年間無償保証※ブラックのみ1年間

カラーはオフホワイト、グラファイト、ブラックの3色です。

なぜかブラックのみ保証期間が1年なので、保証期間2年のオフホワイトグラファイトをおススメします。ブラックより価格は高いですが、その分保証期間が1年伸びるからです。

ERGO M575の外観をチェック

ERGO M575の外観をチェック

「ERGO M575」の同梱物をチェックします。本体と保証書、マニュアルです。ちなみにカラーはグラファイトです。

単三電池1本とUSBアダプタが最初から装着

裏側の蓋を開けると、単三電池1本とUSBアダプタが最初から装着されていました。

USBアダプタ

USBアダプタです。ワイヤレスタイプなので、2.4Ghzで繋ぐ際はこのUSBアダプタが必須となります。

幅は100mm、高さは134mm

幅は100mm、高さは134mmです。

奥行は48mm

奥行は48mmです。

裏側

裏側です。ゴム製の滑り止めが5か所あります。また、電池、USBアダプタを入れるための裏蓋があります。

傾斜

傾斜がかなりあります。

滑り止め

ギザギザが滑り止めになっているので、しっかり握れるようになっています。

小指をおけるくぼみ

小指をおけるくぼみがあります。

ボタンとホイール

ボタンは左/右クリック、戻る/進む、ホイールクリックの計5ボタンです。

クリック感はどちらかというと、軟らかい感じ

クリック感はどちらかというと、軟らかい感じです。力をあまり入れなくてもクリックできます。ホイール、ホイールスイッチも同様の感触でした。ちなみにチルトはありません。

ボールは左側に配置

親指タイプなので、ボールは左側に配置されています。

ボールは裏側の穴から簡単に取り出せる

ボールは裏側の穴から簡単に取り出せます。

ボールのサイズは約34.1mm

ボールのサイズは約34.1mmで小型のものになります。

ボールの重さは約28g

ボールの重さは約28gです。

Logicool Options

Logicool Options

ERGO M575」のカスタマイズはLogicool Optionsというソフトから行います。ソフトは公式サイトからダウンロードできます。ポイント速度と、ボタンの割り当てを設定できます。

良かったところ

操作しやすい

操作しやすい

ERGO M575はエルゴノミクス形状をしているので、自然と手に馴染みます。また、人差し指で左クリックを、中指で右クリックを操作するので、普通のマウスと同じ感覚でクリックが出来ます。

ボール自体が小型で軽量

またボール自体が小型で軽量です。力をそこまで入れずに操作できるので、親指が疲れにくいです。ちなみにERGO M575はいわゆる親指操作タイプのトラックボールマウスになります。

本体自体が小型

本体自体が小型

人差し指操作タイプのM-HT1DRXBK(HUGE)と手のひら操作タイプのエキスパートマウスワイヤレスと並べて、大きさを比べてみました。

こうしてみると、ERGO M575のコンパクトさが一目瞭然です。

EROG M575はコンパクトなので場所を取りません。デスクのスペースに余裕がなくても、問題なく設置できると思います。

Bluetooth対応

Bluetooth対応

Bluetoothにも対応しています。裏側のスイッチを押し、ランプを青色に点滅させれば、ペアリングできます。

Bluetoothに対応

USBポートがなく、2.4Ghzでつなぐことが出来ない場合でも、その機器がBluetoothに対応していれば、問題なく接続できます。

ERGO M575の悪かったところ

細かな操作は少しやりにくい

細かな操作は少しやりにくい

M575は親指操作のトラックボールマウスなので、HUGEのような人差し指や中指で操作するトラックボールマウスに比べると、細かな操作は少しやりにくいです。

あまりカスタマイズできない

あまりカスタマイズできない

ボタンの数は計5つです。カスタマイズできるのは進む/戻るボタン、ホイールクリックの3つのボタンのみということになります。

定期的なメンテナンスが必要

定期的なメンテナンスが必要

ボール自体が手垢などで汚れたり、ボールを入れる箇所にほこりが溜まるからです。汚れがたまるとボールの滑りが悪くなります。

ただし、メンテナンス方法は至って簡単です。ぜひ以下の記事をご覧ください。↓

モガランド
トラックボールマウスの滑りの悪さを解消!掃除と潤滑油で滑りを復活 | モガランド トラックボールマウスは使い込んでいくと、だんだん滑りが悪くなっていきます。滑りが悪くなると、マウス操作が鈍くなり、思うように操作できなくなります。 トラックボー...

まとめ

トラックボールマウスはその特殊な形状ゆえに、操作が難しいタイプももちろんあります。

トラックボールマウス初心者の方はまずこの無難なM575から購入してみて、一回自分の肌に合うかどうか確かめてみてはいかがでしょうか?

自分はいくつかトラックボールマウスを触れてきましたが、このM575は間違いなく初心者向けのトラックボールマウスと言えると思います。

目次