Amazonスマイル事前セール開催中!

面倒なネジ回しが楽に!ベッセルの小型電動ドライバー220USB-1をレビュー

DIYや自作パソコンの組み立て、電子機器の分解等で、ドライバーを使う機会が非常に多くなってきました。そうした作業中に厄介だと感じるようになったのがネジ回しです。

このネジ回しを楽にするために、ベッセルの小型電動ドライバーの220USB-1を購入したので、レビューしたいと思います。

目次

220USB-1の仕様

定格電圧DC3.6V
定格容量800mAh
無負荷回転速度280min-1
最大出力トルク(電動)2N・m
最大耐久トルク(手動)10N・m
重量(本体のみ)160g
環境温度範囲充電時0℃~+40℃
動作中および保管中0℃~+45℃
内蔵バッテリーLi-lon
セル数1
充電時間約60min
充電回数約500回
充電ポートmicroUSB Type-B
騒音66.1dB
振動値0.421m/s2
入力電圧(最大)5V DC
入力電流1A

220USB-1の開封、外観チェック

220USB-1の開封、外観チェック
購入したのはベッセルの220USB-1という電動小型ドライバーです。ベッセルについて知らない方もいるかと思いますが、工具メーカーとして昔から名が知れた存在です。もちろん日本メーカーです。

なお、220USBには、ビットが1本付属している、220USB-1と、ビットが5本付属している、220USB-5があります。

220USB-1の同梱物
220USB-1の同梱物です。左から、「説明書」、「ドライバー本体」、「ビット」、「USB充電ケーブル」です。ACアダプターは同梱されていませんでした。

なお、220USB-5の場合はACアダプターが同梱されています。

普通のドライバーよりはサイズ感は大きい
サイズです。普通のドライバーよりはサイズ感は大きいです。

重量は163g重量は163gでした。

No.2のビットNo.2のビットです。長さは100mmです。

充電用のUSBケーブル
充電用のUSBケーブルです。MicroUSBで繋ぐタイプになります。

実際に使用してみた

充電は保護キャップを外す220USB-1の充電は保護キャップを外し、USB充電ケーブルで充電します。

モバイルバッテリーからも充電
モバイルバッテリーからも充電できます。また充電中はLEDが赤色に点灯し、充電が完了すると緑色に点灯します。

ビットを挿入先端の赤いスリーブを引き上げ、ビットを挿入します。挿入されたビットは自動的に固定されます。

正転(前方へスライド)で右回転、逆転(後方へスライド)で左回し
仮締め(早回し)する際は中央にある赤いスイッチをスライドさせます。正転(前方へスライド)で右回転、逆転(後方へスライド)で左回しになります。

LEDランプが光る
仮締め(早回し)している間はLEDランプが光ります。

最後は本締め(手締め)
最後は本締め(手締め)をします。手動でねじを締めたり、ゆるめたりするので、その際は赤いスイッチに触れないように注意します。

realforceを分解
キーボードのrealforceを分解したかったので、ちょうどいい機会だと思い、220USB-1の試運転をしてみました。画像はrealforceの基盤ですが、基盤を外すために、ネジを10本以上緩める必要があり、手動だとかなり手間がかかります。

簡単にネジが緩んでいく
簡単にネジが緩んでいきます。

簡単に基盤を外すことが出来た
手動で回してたときの苦労はなんだったのかと思うくらい、簡単に基盤を外すことが出来ました。

後継機種「220USB-P1」

現在、220USB-1の後継機種、「220USB-P1」が販売されています。「220USB-P1」の特徴をまとめると、以下の通りです。

  • 用途に合わせて回転数とトルクを3段階で切替可能。
  • 強化ギア&ハウジングで、強度20%アップ。
  • 充電ポートにUSB Type-C採用。
  • 落下防止コードを取り付け可能。

旧モデルに比べて、利便性はかなり向上しているので、「220USB-P1」もおすすめです。

まとめ

ベッセルの電動小型ドライバー、220USB-1を実際に使ってみた感想ですが、想像以上に便利だと感じました。

完全にワイヤレスなので、煩わしさもないですし、思ったよりも軽く、作業しやすかったです。手動での煩わしさから解放されたので、本当に買ってよかったと思いました。

目次